« 青べか物語(1962年) | トップページ | アガサ・クリスティーの奥様は名探偵(2005年) »

2009.06.07

ショーガール(1995年)

Cristal05
もう自分では買わないぞ。クリスタル。

 ロシア語を学んでいる友人の誕生日に悪ノリで便乗し、お祝いのために買ったクリスタルです。確かに美味しかったのですが、私ごときがシャンパンを飲んでも、そりゃ何だって美味しく嬉しいので、こんな贅沢品もう二度と自分では買わないでしょう。

 ルイ・ロデレール社のシャンパン、クリスタルが出てくる映画については、複数ある映画とワインについての本の中でも下記のものが最も詳しく、たくさん紹介しています。しかし見事に、『ワーキングガール』『アイラブトラブル』『ファーストワイフクラブ』『フォールームス』など、ろくでもない映画の成金アイテムとして登場してばかりですね……。そんなバブリーな存在の悲しさも気になって、一度飲んでみたかったのでした。

 クリスタルを作らせたのがロシア皇帝のアレクサンドル2世だという話も面白いです。でもクリスタルとアレクサンドル2世の関わりについては、なんだか出典も詳細もよくわからないですね。暗殺防止のために瓶を透明にしたとか底を平らにさせたとか伝える人もいれば、他のシャンパンと区別できるように瓶を透明にさせたという話もあり……。下記の本によればルイ・ロデレール本社のホールにアレクサンドル2世の銅像が飾ってあるのは確かだそうです。

 エドワード・ラジンスキーの『アレクサンドル2世暗殺』(日本放送出版協会)を読んでも、クリスタルの話は出てきやしませんでした。でも「そりゃ瓶も透明に底も平らにしたくなるわ」という時代背景はよくわかります。


アレクサンドル2世暗殺(上)

 クリスタルが登場する映画、ポール・バーホーベン監督の『ショーガール』もろくでもない一本なのですが、女の子の根性と友情の描きぶりが少女漫画のようで何度見ても燃えます。立派なダンサーになりたいストリッパーのノエミ(エリザベス・バークレー)と、ラスベガスのヌードショーのトップダンサーのクリスタル(ジーナ・ガーション)の仲の悪さも友情もその他いろいろこじつけっぽい点が多いとはいえ憎めない映画です。

 ジーナ・ガーションとエリザベス・バークレーがクリスタルを飲むのは、ラスベガスのスパーゴという店です。書割みたいな変な風景だなあと気になってたのですが、調べてみたらショッピングモール内にある店だそうで、青空は本物の書割(モールの壁)でした。スパーゴはアカデミー賞公式シェフのウォルフギャング・パックが経営する有名店だそうです。このシーンはライバル同志の女性二人が「玄米と野菜の食事なんて犬のエサ以下」と意気投合するところが痛快です。そして二人は過去に犬のエサを食べたことがあること、中でもドギーチャウが好きだったことを告白してさらに意気投合した後に、豪華なクリスタルを飲むのです。犬のエサからクリスタルへなだれ込む、この派手さ・下品さがたまらないです。姫川亜弓の前で北島マヤが泥まんじゅうを食べた場面のようなケレン味がありますよね。ちょっと違うか……。

Cristal06
かつてサンクトペテルブルクに毎年66万本のシャンパンが出荷されていたそうです。

|

« 青べか物語(1962年) | トップページ | アガサ・クリスティーの奥様は名探偵(2005年) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74928/44998931

この記事へのトラックバック一覧です: ショーガール(1995年):

« 青べか物語(1962年) | トップページ | アガサ・クリスティーの奥様は名探偵(2005年) »